長崎グルメ:おすすめのお店

ちゃんぽん・皿うどん

ringerhut.gif
    • 言わずと知れたリンガーハット。V・ファーレン長崎のスポンサー様。
    • 長崎ではとっても身近で気軽なお店であり、地元を遠く離れ、故郷の味に飢えた県外在住者にとっては大変ありがたい存在。ラーメン屋のような感覚で入るので地元の昼時は結構混雑する。

  • 三成號
    • 中華街にあるが、観光客はまず入らない地元民の店。
    • ちゃんぽんにはあっさりとこってりの二種類あってこってりならこちらの店。

  • 四海樓
    • こちらがちゃんぽんの元祖。
    • 2階にはちゃんぽんミュージアムという無料の資料館がある。


  • 思案橋ラーメン
    • 福山雅治御用達。昼から営業しているが、おでんなどもある半分飲み屋みたいなお店なので雰囲気も重視の人は注意。
    • メニューにある「爆弾」とは、ラードとあわせたにんにくペーストのこと。絶品。
    • 福山御用達で有名となったため、最近は福山ファンの聖地と化している。

  • 牡丹
    • 長崎空港1Fにある中華レストラン。値段は空港価格で若干高めだが味はあなどれない。
    • 中華街でちゃんぽん・皿うどんを食べ忘れた、到着後すぐちゃんぽん・皿うどんを食べたい、といった時は便利。
    • 来崎したアウェイチームの選手もフライト前にここでちゃんぽんを食べているとの事。

  • 他の有名どころは、
    • 群来軒(県庁の近く)
    • 大波止桃華園(長崎港大波止近く)
    • 天天有(思案橋グルメ通り)
    • 康楽(かんろ)(思案橋グルメ通り)


中華料理

  • 福寿
    • 中華街の外周にある店。リーズナブルで美味しい。
    • 昼は地元のサラリーマンで混雑。

  • 他の有名どころは、
    • 宝来軒別館(平和公園の近く)
    • 会楽園(中華街北門)
    • 京華園(中華街北門)
    • 喜楽園(中華街周辺)
    • 共楽園(眼鏡橋付近)
    • 老李

  • ちなみに長崎の中華料理は福建・上海料理がベースとなっている。
  • 当然ちゃんぽん・皿うどんの項で挙げられている店舗にも本格中華が味わえる所がある。
  • 中華料理に限らず、長崎グルメは全体的に甘めの味付けが特徴なので念頭に。


卓袱料理

  • 禅宗の一派・黄檗宗の精進料理である普茶料理や、料理が順番に運ばれる西洋の食事方法等を基に、和洋中ごちゃまぜにして和風化した長崎の宴会・会席料理。

    • 円卓を囲み、わいわいと食べる様から、和華蘭料理(わからんりょうり)などと言われることもある。
    • 食前酒、鯛の吸い物、刺身盛り合わせや山の幸、角煮やてんぷら、煮物やお浸し、デザートなどがコースメニューのように順番に出てくる。
    • 「おひれをどうぞ」の合図でスタートが作法。 「おひれ」とは鯛の身と鰭が入ったお吸い物。
    • 長崎では料亭での接待や、結納・結婚式・還暦などの祝いの宴席で使われることが多い。

hamakatsushippoku.gif
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様!リンガーハットグループの卓袱料理店。
    • 卓袱を一人で楽しめる「ぶらぶら卓袱」や子供向けの「おこさま卓袱」などもあり、気軽に卓袱料理を楽しめる。
    • 卓袱料理としてはリーズナブルで、観光客などが利用するのにお勧め。

  • 料亭花月
    • 地元政財界御用達。ここにお呼ばれされることは一種のステータス。
    • 坂本龍馬が酔っ払って柱につけた刀傷が残る部屋がある。

  • 富貴楼
    • こちらも有名。略歴の項目を見ると、歴史上の偉人が次々と出てくる。

  • 吉宗
    • 「よしむね」では無く、「よっそう」。
    • 創業慶応二年、長崎の繁華街浜の町にある。上記二店より気軽な大衆割烹。
    • 卓袱の他には、ボリュームのある茶碗蒸しと蒸し寿司がセットになった「御一人前」(おひとりまえ)が定番メニュー。

  • 他には一力・青柳・橋本なども老舗として名高い。
  • また過去スレにてルークプラザホテルの中の店をオススメする意見も有り。


カステラ

  • 店によって特徴が違うので試食して好みを探すのもまた楽しみの一つ。

hukusaya.gif
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様はここ。
    • 全てはここから始まった。ここがカステラの元祖であり、代名詞的存在。
    • その黄色と黒の包装紙にコウモリのマークは長崎人にとって絶大な威力。
    • 大げさな話ではなくどんなシチュエーションの時でも、これさえ携えれば大抵間違いない。
    • 近年頓に話題の「五三焼」も、元はこちらの職人さんの創意工夫から開発されたもの。
    • 福砂屋のカステラは長崎空港1階売店や、諫早市内では多良見店や栄町アーケード内に販売店がある。

  • 他の有名どころは、
    • 文明堂(大波止付近など)
    • 松翁軒(公会堂付近など)
    • 梅寿軒(中通り商店街)
    • 和泉屋(観光通りなど)
    • 異人堂(中央橋など)
    • 匠寛堂(眼鏡橋そば)
    • 清風堂(大浦天主堂近く)
    • 長崎堂(大浦天主堂近く)
    • 琴海堂(西海町長崎明誠高校そば)
    • 長崎心泉堂(大村市古賀町、大村市協和町、東彼杵町)


角煮まんじゅう

  • 中華街で売られてる。
    • 元々は長崎の郷土料理である「卓袱(しっぽく)料理」の中の一品、東坡肉(とんぽうろう)をアレンジして作り上げた物。

iwasakihonpo.jpg
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様はここ。
    • 手軽に楽しめるご当地グルメとして、今や長崎名物に欠かせない存在となった「角煮まんじゅう」の名を長崎から全国に広めた功労者。
    • 90年代半ば頃にオンエアされたCMが長崎で話題となり、今も役者は変われどCMは同じコンセプトで続いている。

こはるさん(仲谷香春)Ver

新CM 岩崎本舗X森保まどか(HKT48)

    • 公式マスコットの「角煮まんじゅうちゃん」がかわいい。ぬいぐるみもあるので、マスコット好きな方にぜひ。


トルコライス

  • 基本的な組み合わせはピラフ・トンカツ・スパゲッティに上からカレールー。
    • そのため「大人のお子様ランチ」と呼ばれることも。
    • 地元の喫茶店系ならとりあえず置いていて、老舗から新規店まで店ごとに様々に派生したバリエーションが存在している。
    • 喫茶店で食べるなら、併せてミルクセーキも「食べて」みよう。
    • 「何言ってんだ?こいつ」と思った人は、「長崎 ミルクセーキ」で検索すると幸せになれるかも知れない。


寿司

  • 若竹丸
    • 長崎を中心にチェーン展開しているローカル回転寿司屋。
    • 全皿110円と激安チェーンカテゴリーの寿司屋ではあるが、海産の豊富な地元の強みを生かし某大手チェーンよりネタが新鮮という評判。
    • カウンター内に職人さんがいるタイプの店なので、より新鮮なのを食べたい時は直接注文で。

  • 鮨幸三
    • せっかく長崎に来たのだからやっぱりという方にはこちら。
    • この銅座界隈は飲み屋街なので、他にも何軒か地元の人間お勧めどころの寿司屋が軒を連ねている。ちょっと店舗が狭いのが難点だが、金額もさほど高くはなく中華街にも近いのでぜひ。

  • 矢倉寿司
    • 店内でも食べられるが、こちらは被り(長崎では持ち帰りに包んでもらうことをこう言う)が人気のお寿司屋さん。
    • 長崎の繁華街、浜の町アーケードの中にあり、買い物帰りから飲んだ帰りの言い訳までいろんな人が利用している。

  • 鮨どころ しょうぶ
    • 長崎空港内2Fにある寿司屋。空港内なので若干料金は高めだが、空港内にある店としてはレベルが高いと評判。
    • ゆっくり食事や観光が出来る時間が取れなかった空港をお使いの方は、ここで長崎の魚を食べて帰るのも一考。くじらメニューもあり。



焼肉

  • 竹林
    • 通常メニューもお勧めだが、各種ランチが土日も実施、さらにはご飯とみそ汁がそれぞれ1杯無料でおかわりOKと非常にお得。
    • 地元、雲仙産のハムなど、サイドメニューが充実しているのも嬉しい。

  • きばらし
    • V・ファーレンの歴代選手たちがときに家族を連れて来店し、移籍後も対戦相手として帰ってきたときに訪れる選手もいるほどひいきにしている焼肉店。
    • 在籍選手のユニフォームや写真、様々なポスターがところ狭しと飾られている。
    • 選手に人気のメニューはサガリや豚ハラミ、豚ホルモンなど。長崎スレでは豚足やポテトサラダも隠れた一押しという声も。

  • いせ屋
    • ここのおすすめポイントは、何と言っても2012年に全国和牛品評会にて日本一に輝いた長崎和牛を使用していること。
    • これを無煙ロースターではなく、本物の炭火で頂けるこだわりの本格派。
    • 席数も少ないこともあって、長崎における人気店の一つとなっている。

  • 清香園
    • 県央の大村の本店より県下、福岡、佐賀、熊本と店舗を構える。
    • 近年では関東圏にも出店、東京代官山、さいたま市にも店舗を持つ。
    • 九州各地から厳選された黒毛和牛のみを使用する。

  • 塩焼きホルモン剛
    • 長崎市役所そば
    • 三千円のコースで腹一杯

うどん・そば

  • 松乃家
    • 浜屋百貨店の本館と新館の間の路地にある。間違いなく観光客向けではないが、長崎っ子が愛してやまないうどん屋。
    • リンク先でほとんどの人が言及しているように、いなり寿司との組み合わせは郷愁を感じずにはいられない程。
    • 五島の手延べうどんではなく、やわらかく炊いた麺に薄い色のちょっと甘い出汁という典型的な九州のうどん。

  • 喜助うどん
    • MF古部選手のおすすめ。やはりこちらも観光客向けというより、地元で親しまれる街のうどん屋さん。
    • なお長崎サポの間で非常に好評を博した企画、選手・監督・ヴィヴィくんのイラストマグネットはこちらの店長さんの発案。

  • 月見茶屋
    • 諏訪神社の境内にある甘味処。
    • ここもうどんが有名。さらに甘味処らしくボタ餅も名物。
    • 長崎スレの住人には小さいころお諏訪さん内の動物園に行った後、帰りに寄った人も多いのでは?くんち見物や初詣の際にここで一息入れるのも乙なもの。

  • 南蛮亭
    • 五色うどんが地元で有名な大波止のフェリーターミナル内にあるうどん屋。五島などへの便で行き来する人で朝から賑わっている。
    • 正統派の「五島うどん」を食べるならまずここ。トッピングの基本はわかめ。

  • 得々うどん
    • 長崎市北部最大の台所であり、学生街でもある住吉にある。
    • なんと麺1玉の料金でダブル・トリプルが無料と、財布に厳しい学生の味方。ジャワカレーうどんが人気だが、鍋焼きも美味しい。

  • 絢うどん
    • 長崎の珍地名の一つ、女の都(めのと)にある。「おんなのみやこ」では断じて無い。本場・讃岐で修業した本格的な讃岐うどんの店。
    • 店長は元々フランス料理のシェフをやっていたので、その技法を活かした鶏黒胡椒うどんやくるみつけ麺のようなオリジナルも人気。注文すると超巨大なペッパーミルが出てくるちょっとしたサプライズがある。

  • かの家
    • 諫早市森山町の讃岐うどんの美味しいお店。麺には凄いコシがあり、もちろん釜玉うどんもある。

  • かわよし
    • R34号線、JR岩松駅近く。店の裏手にも駐車場あり。あっさり出汁と平打ち太麺。コシのある讃岐うどんと柔らかい福岡うどんの中間のような麺。

  • そば幸
    • 地元で長く親しまれている老舗のそば屋。そば粉には北海道産と貴重な対州産が使用されている。
    • 本店は練習場のひとつ、松山町のサッカー・ラグビー場のそばにある。

  • 桃山
    • 鴨せいろが有名な、そば幸と並ぶ長崎のそばの老舗。浜の町アーケードと鍛冶屋町通の間の路地にある。

  • そば処戸隠
    • 本場は静岡の磯おろしが看板メニューのお店。

  • 立石
    • JR大村線沿い、空港からハウステンボスへ向かう途中にある蕎麦屋。
    • 蕎麦はもちろんだが、麦とろめしが逸品。蕎麦湯も美味しい。

ラーメン

  • 三八ラーメン
    • 昭和38年創業の老舗ラーメン店。店名は創業年にちなんだ語呂合わせ。
    • 読み方は「さんぱちラーメン」だが、北海道にある「ラーメンさんぱち」とは全く無関係である。
    • 毎年3月8日は「三八の日」ということでラーメンが一杯100円、大盛りが一杯200円。
    • 長崎では江戸時代より出島を中心に様々な食材や料理を食すことができたため、食に対する執着が他県に比べあまりなく飲食店に行列が出来ることも少ない(並ぶぐらいなら他の店に行く)が、三八の日だけは100円ラーメンを食べるために行列に並ぶ長崎人が見られる。

  • 麺也オールウェイズ
    • 比較的新しいラーメン店で、昔ながらのラーメン店とは異なりお洒落な雰囲気のラーメン店。
    • 他のラーメン店ではメニューにちゃんぽんもあるが、この店はラーメンのみ。
    • V・ファーレン長崎の選手もたまに来店している。
    • レモンとんこつラーメンがお勧め

  • ラーメン政
    • JR長崎駅前にある、家系ラーメン。
    • H25年V・ファーレン長崎後援会員。


チリンチリンアイス

  • 前田冷菓
    • 夏のシーズンなら眼鏡橋・グラバー園下・平和公園などの観光スポットにはかならずいる。


一口ギョーザ

  • 宝雲亭
    • 一口ギョーザといえばここ。

  • 雲龍亭
    • ここもおなじみ。思案橋ラーメンの裏にもある。


一口豚まん

  • 長崎ぶたまん桃太呂
    • 地元の酔っ払ったサラリーマンが家族に持って帰る豚まん。
    • 一口サイズで食べやすい。
    • ブルータス@マガジンハウス企画の「日本一の手みやげはどれだ!?」にて中華まん部門堂々1位獲得。


おにぎり

  • かにや
    • 桃太呂と並んで、やっぱりこちらも午前様のお父さんのお持ち帰り定番。
    • 夕方から深夜までやってるので、思案橋や銅座で飲むんなら翌日の朝ごはんにどうぞ。

  • 小梅庵
    • 長崎街道大村宿、大村アーケード内にある地元の人気店。
    • 種類が豊富なおにぎりが人気。好きな具をチョイスして注文できる。優しめの味のチキンカレーは安いが量は少なめなので女性と子供向き。家族連れも多い。


カラスミ

  • 日本三大珍味(越前のウニ、三河のコノワタ、そして長崎野母のカラスミのこと)の一つ。
    • 駅のおみやげ店コーナーには間違いなく売ってる。
    • 有名どころは高野屋小野原本店か。


長崎の酒

  • 酒は焼酎王国九州の多分にもれず、長崎も焼酎が主。麦・芋・米といった定番の他に、ワカメやジャガイモなんて変わり種も。

genkaishuzou.gif
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様はここ。
    • 口に含むと麦の香ばしい香りが鼻から抜ける、長崎の夜の強い味方。
    • ロックや水割りもいいが、ストレートやお湯割りの方がより香りが引き立つのでオススメ。




その他

hamakatsu.gif
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様、リンガーハットグループの経営する1962年創業のとんかつ屋。と言うか、こっちが本家。本来なら「浜勝が始めたちゃんぽんレストランがリンガーハット。」というのが正しい。
    • 郊外の路面店は何処もほぼ同じ造りで統一されているが、鍛冶屋町にある本店は改装した今も昔ながらの懐かしいとんかつ屋の趣が残っている。

yamaiti.jpg
    • 南島原市布津にある手延べそうめんの製造メーカーさん。
    • V・ファーレン長崎のスポンサー様。
    • 島原農業高校の生徒達と共同で開発された「スープそうめんシリーズ」が、産学共同プロジェクト「日本学校農業クラブ活動全国大会」にて農林水産大臣賞や最優秀賞、優秀賞を立て続けに獲得し、近年大きな評判を呼んでいる。
    • 一番人気は黒ごまだが、体が暖まる冬場の生姜スープ麺が非常におすすめ。
    • 東京でも羽田空港内にて取り扱いがあるので、空港に立ち寄りの際は一度お試しあれ。

  • 羅甸(ラテン)
    • 諫早ICそばの洋食レストラン。トルコライスやハンバーグ、ドリアなどおすすめ。
    • 店内で諫早のケーキショップ「ジタン」のケーキを食べることができるので、ちょっとお茶したい時にもおすすめ。
    • V・ファーレン長崎の選手(主に寮住まいの若手)が頻繁に来店しているのでひょっとしたら選手に会えるかも?

  • レストラン松新
    • ”び~ふ天国”というだけあって肉料理が人気。
    • ランチタイムメニューは土日も実施。

  • さぬき茶屋
    • 雲仙市国見町にある手打ちうどん&定食の店。夜は居酒屋として人気。
    • 店の場所はR251沿いだが防風林の中にあるので見落とし易いので注意。
    • 店長は国見OBで元V・ファーレン長崎の小田幸司氏。
    • V・ファーレン長崎の選手も遊学の里での2部連の合間に昼食に訪れる。

  • 福田屋
    • 創業は文久三(1863)年。諫早のアーケード内にある鰻の老舗。
    • 昭和天皇が御贔屓という、本当の意味で御用達扱いを受けていた名店。
    • 諫早の鰻は焼きの後に蒸して出すのでさっぱりふっくらした口当たりが特徴だが、香ばしい方がお好きな方は蒸さずに出てくるうな丼を注文しよう。
    • スタジアムにも鰻入りのタレで炊き込んだおにぎりを出店しているので、そちらも。
    • 車で来店の場合は駐車場が少々狭く、入るまでの路地も入り組んでいるので注意しよう。

  • カレーの夕月
    • 昭和33年創業、地元民から親しまれているカレー屋さん。
    • タマネギと豚肉を煮込み20種類のスパイスで仕上げたルーは鮮やかなオレンジ色。

  • ブラック
    • 佐世保四ヶ町アーケード入口そばの喫茶店。24時間営業。
    • ここのカレーは非常に辛い。その辛さは佐世保一との噂も。
    • 反面、その真黒な見た目通りイカ墨を使用しており、ルーにはコクがあって美味。

  • 一二三亭
    • 美味しい郷土料理が食べられるお店だが一番有名なのはおじや。
    • やや大きめの器に煎りごまとネギがたっぷりとのっており、ごまの香りが食欲をそそる。
    • 薄味であっさりとした味付けの中にも、ダシがしっかりと効いているので食べ応えがある。
    • ここのおじやは、3度炊き(白米を炊く→水を足して炊く→ダシで炊く)という調理法で、最後に玉子を混ぜ合わせて作られる。

  • 山ぐち仕出し店
    • 長崎名物の一つ、ハトシ。ここのは少し小さめだが美味しい店として有名。
    • 長崎県庁の向かいとそのすぐ側のメルカつきまちに店がある。長崎の冬を彩る祭典、「長崎ランタンフェスティバル」にも屋台を出店しており、熱々にかぶりつきながらランタン見物する人を毎年多く見かける。


  • 井上鯨肉店
    • 帰宅後や宿泊先で鯨を楽しみたい方にはこちら。
    • B級グルメ編で登場するクジラスティックはここの商品。
    • また、すぐそばのメルカつきまちの地下にも鯨を扱う鮮魚店が数件あるので、そちらも併せてのぞいてみてもいい。

  • 銀鍋
    • 長崎のローカル番組「ひるじげドン」の特集「タクシー運転手に聞くアポなし長崎穴場グルメ」にて、浦上駅で客待ちしていた運転手さんオススメの店。
    • 福岡・博多が有名だが、実は長崎名産でもある高級魚アラ(標準語ではクエ)が食べられる。

  • 亜紗
    • 長崎市役所の近く桜町にある新鮮で美味しい魚が食べられる居酒屋として、最近長崎で人気の店の一つ。
    • 本店の他に姉妹店が駅前や思案橋、出島にあり、鯨も食べられるのもうれしい。

  • Lekker(レッケル)
    • プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属の吉田麻也選手が命名・デザインプロデュースした洋食レストラン。吉田選手が長崎へ帰省した際は必ず立ち寄る店。
    • 店内には吉田選手のユニフォームなど展示されている。大浦天主堂そば。

  • バラモン食堂
    • 後援会加入の証、ヴィヴィくん印の幟が目印。
    • 五島出身の店主が故郷の食材にこだわったお店で、トルコライスも評判。

  • シシリア
    • ここの名物はもともと賄いから生まれたトマトソースのドリア、マリンライス。
    • バリエーションとして、トマトソースとホワイトソースが半々になったリーナライスも人気。

  • 水辺の公園レストラン
    • かつて夜の長崎で若者に親しまれた人気店「ムーンシャイン」。そこで生まれたオリジナルメニューが、トマトの酸味と魚介のエキスが溶け込んだピリ辛ソースのハリケーンライス。
    • 元ムーンシャインのスタッフが現在在籍しているので、そのハリケーンライスが味わえる。

  • ブレッドアーエスプレッソ
    • テレビ長崎と坂本屋別館の間というオフィス街の中の路地にあるパン屋。
    • 小さいながらカウンターが設けられているので店内で焼きたてが食べられる。

  • パン工房モンテ
    • ここのパンは天然工房を使用。場所柄ご近所の方から、通りがかりのサラリーマンまで幅広い層が利用している。
    • 松山の練習場からほど近いので、練習見学のお供にどうぞ。

  • ぱんのいえ
    • 以前同じ場所に店を構えていた老舗・東洋軒のレシピを忠実に引き継いだ直伝のサラダパンが人気。長崎スレ住人の中には学生時代に購買部でお世話になった者もいる、懐かしの味。
    • 日曜定休なのがネックだが、長崎最大の飲食店街・思案橋の入り口にあるので、深夜まで営業しているのがうれしい。

  • 大村角ずしやまと
    • 大村寿司は甘めの寿司なのでお子さんにも人気。戦勝後の領主帰還を祝って作られた寿司なので、チーム勝利の願掛けor勝利後のおみやげ、お祝いに。

  • 大氣圏
    • 生月大橋を渡ってすぐにある。あご出汁ラーメンの一応元祖を名乗っている。
    • あご出汁ラーメンは九州のラーメンにしては珍しいさっぱりあっさり醤油味。

  • お好み焼きマツダ
    • 城栄町商店街裏手の川沿いにある。名物12段ソフトクリームはプール通いとほぼ必ずセットで話題になる長崎っ子の夏休み思い出の味。松山のラグビーサッカー場近くなので練習見学の際にぜひ。
    • その大きさはおばちゃんの顔との対比で一目瞭然
    • 福山雅治も子供のころ通っていたらしく、ラジオでネタにしたことがあり、店内には彼が描いたイラストがあるらしい。

  • たちつてと
    • 新大工町の玉屋デパート横にあるたこ焼き屋。
    • ここの名物は「たちつてと焼」。「た」はタコ「ち」はチーズ「つ」はツナ「て」はテキ(ビフテキ)「と」はトリのこと。

  • 茂木一○香本家
    • 長崎の老舗菓子店。見た目は普通の饅頭だが中が空洞のふしぎな饅頭「一口香」や、長崎名産の茂木ビワをまるごと1個使用した「茂木ビワゼリー」などがオススメ。
    • 店舗は長崎市内のみだが一部商品は通信販売で購入可。

  • ニューヨーク堂
    • 眼鏡橋のすぐそばにある老舗洋菓子店。
    • カステラアイスの元祖であり、ここのはアイスをカステラでサンドしてあるタイプ。

  • 双葉屋
    • 長崎新地中華街にあるフルーツ大福専門店。10種類以上のフルーツを使用した大福は1個から手軽に購入できる。
    • フルーツの種類によっては通信販売、全国冷凍発送可。

  • 長崎清水
    • 長崎と言えば蒲鉾。どの蒲鉾店も非常にレベルが高い。
    • JR諫早駅から県立陸上競技場へ向かう道程にある同店は、注文後その場で揚げてもらえる揚げかまぼこが持ち帰れる。近場からお越しの方は夏場は保冷剤も入れて貰えるので生タイプの蒲鉾を。遠くからお越しの方のお土産には真空パックタイプを。日持ちはしますが生よりは若干味は落ちるので、生も買って帰りがてらに是非。
    • 酒のアテにも最高。酒好きの方にオススメの食べ方はゆず胡椒をちょんと乗っけて。特に焼酎、日本酒にはベストマッチ。

  • パフェ&レストラン ハワイ
    • 400種類超のパフェメニューを誇るお店。中の雰囲気は昭和の喫茶店。
    • 雑誌等で昔からよく取り上げられるのでスイーツ好きには有名店。
    • パフェ目当ての方が多いが、グラタンなどランチもある。

  • ポンム(Pomme)
    • カレー&スイーツのお店。かわいい雰囲気のお店で女性客が多い。
    • ほぼカレーメインだが、五島うどんとカレーのセットが出ていたこともある。(恐らく夏限定)
    • 甘めの優しい味付けなのも女性客が多い理由の一つ。

  • キッチン すずたとうげ
    • R34号線沿い、鈴田峠にある洋食屋さん。空港からスタジアムに行く途中にある。日替わり定食が安い。
    • メニューにトルコライスがある。長崎的なものが食べたいけど市内まで行く時間がない方にはおすすめ。

  • オレンジスパイス
    • 雑貨店を兼ねたカフェとなっている。紅茶味のゼリーのパフェが人気。
    • 店内の雰囲気は男性一人だと少々気後れするかもしれないが、気にならないならスタジアムのすぐそばにあるので、到着後や終了後の時間つぶしにも使える。

  • フェローズ
    • パスタ専門店。テラスから橘湾を望みながら食事ができる。
    • 分かりにくい場所にある。目印はR251の杉谷おこしから裏道に入る。

  • やぶから坊
    • 串揚げの店。ランチもあり。
    • アスパラが柔らかくて繊維質が少なく食べやすい。

  • 最終更新:2019-03-05 23:18:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード