長崎観光ガイド:スポット:離島

五島

ohsezaki.jpg
    • 映画『悪人』など、写真・映像問わず五島の象徴としてたびたび紹介される風景の一つ。
    • 細長く突き出た高さ100数十mの断崖絶壁の岬の上に立つ灯台。


    • 大政奉還も目前の1863年に建てられた、日本で最も新しく、最後に建てられた城。
    • 城内には資料館や和風様式とシュロや蘇鉄、椰子の木など南国の樹木が折衷された五島氏庭園。近くには武家屋敷跡もある。


    • 鬼岳火山群と呼ばれる山の一つで、山頂まで一面芝生に覆われた五島を代表する火山。温泉や鬼岳天文台等の観光スポットが集中している。
    • 地元民芸品であるばらもん凧を揚げるばらもん凧あげ大会が、毎年男の子の節句に当たるGWに行われている。
    • 「ばらもん」とは五島の方言「ばらか」に由来し、元気活発、荒々しいなどの意味合いを持つ。現在放送中のアニメ「ばらかもん」も同じ意味である。
    • ばらもん凧の頭部分にある弓状の構造が低く唸るような音を出し、名前の通り荒々しく大きな音が上空に響く。


    • 五島には「東の大島・西の五島」と例えられるほどの多くの椿の自生地が存在する。


    • 『瞳を閉じて』とはユーミンこと、松任谷由実の曲の一つ。
    • かつて五島高校の分校であった奈留高校には自分達の校歌が無く、1974年に当時の女子生徒が、松任谷由実のラジオ番組に便りを送ったことにより作られた。奈留高校には除幕の際には彼女本人も訪れ、彼女直筆の「瞳を閉じて」の歌詞が刻まれた歌碑があり、現在でも校歌に準じた愛唱歌と言う扱いを受けている。
【参照:荒井由実 瞳を閉じて】


    • 上五島・奈良尾には国の天然記念物に指定された樹齢600年のアコウがある。

kaidoh jinja.jpg

    • 上五島の有川にある神社。かつて有川では捕鯨が盛んであり、豊漁を祈願して建てられた。珍しい鯨の骨でできた鳥居がある。

gorin.jpg

    • 1881(明治14)年完成の現存するものでは最古の木造教会で、鉄川与助の建築様式が確立される以前のもの。木造・瓦葺と日本風の外観に内装は教会様式という珍しいものである。現在は近隣に新しい教会があり、利用はされていない。


    • 完成は1918(大正7)年。木造の白い壁と水色の窓の外観に、ステンドグラスでは無く当時の信者たちの手書きの花模様であるのが特徴。

kashiragajima.jpg

    • 1919(大正8)年に完成した日本唯一の総石造りの教会で、鉄川与助の手によるものである。石の切り出し・運搬・積み上げなど、それらは全て信者の手作業で行われた。


    • 五島列島の北端に近い小値賀島の東方に位置する野崎島にある。
    • 1908年(明治41)完成。鉄川与助自らの設計・施工による煉瓦による教会建築の最初のもの。
    • 現在の野崎島は無人島であり、この地から信仰の灯は消えた。その後この建物は荒廃していたが、1989(平成元)年の大修復の後に長崎県指定有形文化財に指定されている。

壱岐

harunotsuji.jpg
    • 「はるのつじ」と読む。
    • 旧石器時代から古墳初期の遺跡で、特に前期弥生時代の環濠集落としては三重の濠、日本最古の船着き場、濠内部のスペースは南北750m、東西350mと、国内では佐賀の吉野ヶ里遺跡に次ぐ大規模なもの。
    • 卑弥呼と邪馬台国で有名な「魏志倭人伝」に記される『一支国』はここと見られており、「魏志倭人伝」内に登場する国の中で所在まで判明しているのはここのみである。
    • 周囲には2010年に完成した壱岐市立一支国博物館やガイダンスセンターもある。

saruiwa.jpg
    • 玄武岩への海水の侵食と言う偶然でできた、遥か彼方の海を遠い目で見つめる猿を後ろから見た姿にそっくりな高さ50mの断崖にそそり立つ奇岩。


    • 「もうすぐ春ですね」の歌詞が有名な、春の初めに南から吹く強い突風、春一番はもともとここの方言。
    • 船の帆をイメージしたこの塔は、昭和62年に「春一番」と言う言葉が全国的に知られるようになったのを記念して、郷ノ浦港入口の元居公園に建てられた。


    • 壱岐を代表する景観で、郷ノ浦町・牧崎の先端にある断崖絶壁上に広がる草原の中に開いた110mの大穴。これも猿岩と同じく玄武岩への海水の侵食という偶然でできた。「デイ」という名の大鬼が鯨を捕らえるために踏ん張ってできた足跡という言い伝えがある。


    • 壱岐にある横穴式古墳。「おにのいわやこふん」と読む。
    • 6~7世紀ごろの横穴式では長崎県では最大、九州では第2位という巨大な古墳。「鬼でもないと、こんな大きな石は運ぶことが出来ないだろう。」というところからこの名がついた。


    • 辰ノ島とは壱岐のすぐ北にある小島のこと。国定公園の特別保護地区に指定されており、ハイビャクシンの群落など国指定の天然記念物がある。

対馬

fukuma.jpg
    • ツシマヤマネコの保護・研究を行っている施設。
    • ここにはオスの「福馬」が暮らしているので見学可能。


    • 当時は府中城と呼ばれた対馬藩宗氏の居城。
    • 金石城と桟敷原城の二城を併せた総称で金石城には復元された櫓門や石垣が残り、桟敷原城には高麗門があったが、台風により倒壊したため資料館の方に移築された。


  • 最終更新:2014-10-15 22:30:06

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード