長崎観光ガイド:レジャー

  • 長崎ペンギン水族館
    • ペンギン飼育をメインにした水族館。他にも魚類、甲殻類など多数飼育。
    • 国内最多の8種類のペンギンたちを飼育しており、ふれたりエサを与えたりできる。また、ペンギンの泳ぐ様子が見れるふれあいペンギンビーチも大人気。

  • 香焼・竜の口
    • 地元TVでも何度か紹介されている長崎市内から近場で楽しめるダイビングスポット。

  • 伊王島
    • 海水浴場・温泉・ホテルには幼児向けの屋内遊び場と長崎から簡単に行ける複合観光施設でお手軽。
    • 長崎市南部の沖に浮かぶ島だが、伊王島大橋が開通したことで長崎観光と一緒に楽しめる。軍艦島からも遠くない。

  • 高島
    • シュノーケリングピクニックは小さな子供でも楽しめる。キャンプ場や温泉などの施設もある。
    • 飛島磯釣り公園ではつりを楽しむこともできる。

  • 九十九島巡り
    • 西海国立公園である佐世保の九十九島は、映画『ラストサムライ』で日本を強くイメージさせる風景としてOPに採用され、ロケが行われた風光明媚な名勝。
    • 鹿子前(かしまえ)埠頭から出航している遊覧船「パールクィーン」「海王」でクルージングが楽しめる。ワンピースみたいな船に乗れるので、船酔いに問題なければこちらも子供連れに。

  • 海きらら
    • ショーでは日本初のイルカのキャッチボールが見られる九十九島の海を再現した地域密着型の水族館。
    • 屋外型水槽や幻想的にライトアップされたクラゲのシンフォニードーム、九十九島イルカプールがあり、真珠の玉出しの様な体験学習もできる。
    • また自動音声ガイド『アクアスコープ』の無料貸出を行っている。チケットカウンターで申請でき、館内の18ヶ所のガイドポイントに入ると端末が電波信号を受け、内蔵された各ガイドポイントの音声ガイドが自動的に流れる。

  • 田島
    • 大村湾に浮かぶ無人島。一日一組限定で島全体を借りることができ「島の王様」になった気分で遊ぶことができる。
    • 電気などのライフラインは無いが、築約70年の木造民家を改築した宿泊施設が用意されている。

  • 詩島
    • 大村湾の中にある小島。さだまさしが所有する島でも有る。
    • 時津港から空港行きの高速船に搭乗した際に見ることができる。
    • レストハウスやバンガロー、太宰府天満宮の分祀が建設されており宿泊可能。

  • かづさイルカウォッチング
    • 島原半島と天草の間の海域に生息する300頭の野生イルカを船上から鑑賞するクルーズ。イルカとの遭遇率は99%で、船から手を伸ばすとイルカに触れるぐらい近づける。

  • 加津佐 口之津
    • 島原半島最南端に位置する。白浜海水浴場など砂浜が多く、近くにはスイーツ街道も。温泉もそこら中に湧いている。

  • 三井楽・高浜
    • 下五島。五島を代表する海水浴場で、2004年には日経「日本で1番美しい海水浴場」第1位選出されたことも。

  • 蛤浜 仲知 青砂浦
    • 上五島。海がエメラルドグリーンではなく真っ青。水温が低め。
    • 遠浅で真っ白な広い砂浜が良い。湾だから波も穏やか。
    • コテージやキャンプ場も隣接し、現地調達した食材でバーベキューも。

  • 壱岐イルカパーク
    • 串山海水浴場の近くにある町営のイルカパーク。海とつながっている入り江でイルカを自由に行き来させて飼育しているのが特徴。
    • ちなみに全国の水族館などのイルカの80%は壱岐出身と言われている。

  • 結の浜マリンパーク
    • 長崎市内からも比較的近い人工海水浴場。ビーチサッカーやビーチバレーなどのイベントも催される。

  • 稲佐山公園
    • 標高333mの8合目付近にある広大な公園。小規模な動物園と大規模な駐車場が整備されており、公園には遊具も設置されている。
    • 園内には1万5000人が観覧できる野外ステージがあり、さだまさしや福山雅治が野外ライブを行っている。
    • 福山は自身の曲「約束の丘」を稲佐山公式ソングとしている。

  • 長崎ロープウェイ
    • 稲佐山の麓と山頂を結ぶロープウェイ。大人往復1200円。
    • 麓の淵神社に隣接する淵神社駅から稲佐山駅まで約5分、15~20分間隔で運行している。市内各地のホテルからロープウェイの淵神社へ向かう送迎バスが無料で運行されている。
    • ゴンドラのデザインは、創業55周年を記念して創業者の名前を冠したモデル「フェラーリ・エンツォフェラーリ」等のデザインで有名な世界的工業デザイナー、「イタリア人以外で始めてフェラーリをデザインした男」奥山清行の手によるもの。
    • さらにロープウェイ乗り場である淵神社の本殿には氏が奉納したフェラーリの絵馬や、フェラーリ繋がりで元LUNA SEAの河村隆一の絵馬とサインがある。

  • 鍋冠山
    • 稲佐山の展望台が西側から長崎港を望むのに対して、こちらは南東側から。
    • 長崎の夜景写真が稲佐山からの視点でなければ、たいていここ。

  • 風頭公園
    • 亀山社中跡のある龍馬通りを登った先にある、坂本龍馬の銅像が長崎港を見下ろす公園。夜景もいいが、ここは晴れた日に見る長崎港もなかなか。
    • その他にもいくつかあるがこの三箇所が主な夜景スポット。

  • 川原大池
    • 長崎市南部の旧三和町・川原にある。キャンプ場やバス釣りが楽しめる。近くには海水浴場も。

  • 水仙の里公園
    • 野母崎運動公園内にあり、東シナ海・五島灘を望む絶景スポットの一つ。
    • 特に冬場は1千万本もの水仙が見ごろを迎える。

  • 展海峰
    • 南九十九島を最も美しく眺めることができる展望台がある。
    • 夕日を写真撮影する場合、日没30分くらい前がベストな時間。
    • 秋にはコスモスが有名。

  • 石岳
    • 南九十九島の眺めが美しい展望台がある。
    • 近くに「森きらら」という動物園(下段項目・その他の方に案内有り)があるので家族連れで楽しめる。

  • 山茶花高原
    • 多良岳の中腹にあるテーマパーク。のんびり四季折々の花を楽しむことができる公園となっていて、ハーブ園も併設されている。
    • また遊具施設もあるので親子で楽しめる。


  • 富川渓谷
    • 諫早市富川町にある渓谷。諫早市内を流れる本明川の上流に当たる。
    • キャンプ場も整備されており、渓谷の岩肌には飢饉、水害供養に彫られた五百羅漢像がある。

  • 轟峡
    • 諫早市高来町にある渓谷。轟の滝とも。夏は滝周辺は泳ぐことができ、キャンプ場もあるので涼を求める人々に。
    • 秋も遊歩道が整備されているので、シーズンには多くの人が訪れる紅葉スポットでもある。

  • 黒木渓谷
    • 大村市黒木町にある渓谷。砂防公園やキャンプ場が整備され家族で楽しめる。
    • 所属選手であるMF佐藤由紀彦もお気に入りのスポットであると語っている。

  • 野岳湖
    • 大村市東野岳町に位置する人造湖。別名・野岳の堤。農林水産省のため池百選に選定されており、キャンプ、サイクリング等が楽しめ、小学生の宿泊訓練地としても利用されている。
    • 近くには裏見の滝自然花苑があり、4~5月には世界各国45種類約6,000本のシャクナゲが咲き誇る。

  • 雲仙
    • 雲仙市小浜町雲仙にある日本初の国立公園に指定された温泉保養地。
    • 雲仙普賢岳(平成新山)や雲仙地獄など大自然に恵まれ季節を問わず楽しめる。
    • ミヤマキリシマの見ごろ。5月中旬~下旬。
    • 紅葉の見ごろ。10月下旬~11月中旬。

  • 諏訪の池
    • 雲仙市小浜町にある島原半島最大の池。
    • 国民休暇村の敷地内にありボート遊びやブラックバス釣りが楽しめ、湖畔ではキャンプもできる。Vファーレン長崎釣り部のメンバーも休日にバス釣りで訪れる。

  • 伊佐ノ浦公園・伊佐ノ浦コテージ
    • 西海市西海町の伊佐の浦ダム周辺を整備して作られた施設。
    • 湖畔に並ぶコテージがちょっとしたリゾートを思わせる、森と水の公園。入場料代わりの清掃代100円が必要。
    • ブラックバスが魚種認定されている珍しいダム湖。県内外のファンが訪れる。(入漁料210円)

その他

  • 長崎バイオパーク
    • 西海市にあるふれあい体験型の動植物園。いろいろな動物たちとふれあう事ができ、カバのエサやり体験などのイベントも実施している。(※餌やりは動物達が寄って来てくれる午前中に行くのがベスト。午後には食べ飽きて餌によって来ない場合がある)
    • なかでもカピバラは飼育頭数日本一で大人気。夏にはスイカを食べ、冬には露天風呂に入るかわいいカピバラたちの姿が話題になる。

  • 西海国立公園九十九島動植物園
    • 「石岳動植物園」の名前で長年親しまれている長崎県下初の本格的な動物園。
    • 近年新しい愛称として「森きらら」が決まったが、現地で所在地を尋ねる場合や、タクシーで行き先を告げる場合ははっきり言って前者の方が通りがよい。
    • 象やライオンと言った定番の他、ツシマヤマネコやオリックスのような珍しい生物もいる。

  • 脇岬亜熱帯植物園
    • 場内には中央に120mもの大きなカスケード(階段状庭園)、温室ドーム、世界各地のエリアに分けられた区画に温暖な長崎の気候を利用した熱帯・亜熱帯の植物や果樹の栽培がされている。
    • 近年ではトロッコ列車や遊具も設置されているので、大人だけではなく子供連れでもOK。

  • あぐりの丘
    • 長崎市四杖町の海を見下ろす丘に広がるヨーロッパの農村をイメージした農業公園型施設。
    • ヤギやヒツジなどへのエサやりや、パン・アイス作りなどが体験できる。

  • 大村夢ファームシュシュ
    • 地元農産物の直売所、加工所、農家レストランなどが揃う農業交流拠点施設。
    • 果物狩りなどの収穫体験、食材の加工を通した食育体験など、大人も子供も美味しく楽しく遊び学べる。
    • 野岳湖(この項目内・山に掲載)へ行くルート上にあり、またそこから近いので、この周辺で1日自然を満喫できる。

  • 七ツ釜鍾乳洞
    • 西海市にある鍾乳洞。多くの鍾乳洞の誕生は約2.5億年前だが、ここは約3千万年前と珍しいため1936(昭和11)年に国の天然記念物に指定された。総延長約1.5kmある内の300mほどが一般向けに公開されている。

  • 大村ボートレース場
    • 競艇発祥の地であり日本最南、最西端のボートレース場。
    • 競艇ファンの間でも一度訪れたいとの声も多く長崎出身で競艇ファンである漫画家、蛭子能収氏の名を冠したレースも開催されている。
    • 内部のグルメワールドに佐世保バーガーStamina本舗 Kayaが出店している。

  • 大村湾サーキット
    • 大村市にあるミニサーキット。九州カート選手権などが行われている。
    • カートの一般レンタルも行っているので、仲間内でレースを楽しむことも出来る。
    • モータースポーツもお好きな方におすすめ。

  • サンスパおおむら
    • 長崎空港入口にあり、天然温泉、お食事処、カラオケ、ネットカフェ、ゲームセンター等が揃う総合施設。

  • 鷹島モンゴル村
    • かつて元寇の舞台であった鷹島。現在ではモンゴル・フフホト市と友好関係を結び、それを記念して1993年にオープンした総合テーマパーク。
    • 中央には色々なイベントや体験学習のできる約2000?の草原に、遊具や10種類以上の温泉も有り、動物広場では馬や羊の他、ダチョウ、うさぎ等と触れ合え、大草原で生活する遊牧民たちの生活を様々な角度から体験することができる。コテージではなく本場モンゴル製の遊牧民が利用するテント・ゲルでの宿泊が可能。

  • 最終更新:2014-09-22 20:27:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード